MENU

歯周病だと肺炎になるリスクが高まる

歯周病とは、口腔内で歯周病菌が増殖する事により、生じる病気です。
加齢に伴い、歯周病を発症する人の割合は大きくなります。

 

歯周病になる事で、歯を失う事になり、歯を失う事で、健康が損なわれる事は一般的に知られています。
しかしながら歯周病菌が口腔内以外の場所に入り込み、別の病気を誘発するリスクがある事を知っていますか?

 

例えば歯周病菌が呼吸器に入り込む事で、誤嚥性肺炎になるリスクがあります。
肺炎とは、若い世代であれば病院で治療を受けて、安静にしていれば治る病気です。

 

 

 

しかしながら免疫力や体力が低下している高齢者が肺炎にかかってしまうと、命を落とす可能性があります。
実際に高齢者の直接死因の半数以上は肺炎であると言われています。

 

そしてその肺炎の原因に、歯周病菌が大きく関与している訳です。
身体が健康な状態であれば、仮に歯周病であっても口腔内で増殖した歯周病菌が呼吸器に入り込む事はありません。

 

それはなぜかというと、肺や気管は身体の生理的な反応として、異物が入ると嚥下反射や咳反射で異物侵入を防ぎます。

 

しかしながら高齢者になると、この生理的な反応が衰えてしまい、唾液や歯周病菌を慢性的に誤嚥してしまいます。
このように歯周病菌が呼吸器に入り込み、免疫機能が低下しているために、
病気の発病を防ぐ手立てがないために、誤嚥性肺炎に非常にかかりやすい状態だと言えます。

 

そのため高齢者が誤嚥性肺炎にならないように、予防法を紹介します。
それは低下してしまった嚥下反射、咳反射を回復させる事は、実際問題として難しい状態です。
なので、口腔内ケアを徹底し、歯周病菌を減少させる事が重要だと言えます。

関連ページ

歯周病を予防する歯磨き
歯周病を予防する歯磨き
洗浄液で歯周病予防
洗浄液で歯周病予防
歯周病に負けない身体作り
歯周病に負けない身体作り
歯周病を招く食習慣
歯周病を招く食習慣
様々な予防法を組み合わせて
様々な予防法を組み合わせて
歯周病の予防ケア
歯周病の予防ケア
歯周病と年齢の関係性
歯周病と年齢の関係性
子供も歯周病になるの?
子供も歯周病になるの?
歯周病予防にマスクがお勧めの理由
歯周病予防にマスクがお勧めの理由