MENU

歯周病を招く食習慣

歯周病という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどのような病気なのかまではご存知ないという方も多いと思います。
今回は、歯周病のメカニズムやその原因となる食習慣について詳しく見ていきましょう。
私たちの口内には無数の細菌が存在し、お口の中の衛生環境を司っています。
歯周病を引き起こすのはそうした細菌の一種である歯周病菌です。
歯周病菌が群れを成したものがいわゆるプラークで、これが歯と歯茎を蝕んでいくのです。
プラークは歯と歯茎の間にある歯周ポケットに溜まり、歯石を形成します。
歯石はプラークが留まるための凹凸を持っているので、ここを温床としたプラークが歯周病を悪化させるのです。
歯周病菌は食物の食べカスを餌として成長します。

 

その中でも特に歯周病の活動を活発化させるのが甘いものです。
甘いものに含まれる砂糖を歯周病菌が取り込むことで、歯茎を蝕む力が強くなります。
また、口内の細菌の中には、砂糖などの糖分を取り込むことで歯周病菌を生成するものも存在するのです。
食事と食事の間に甘いものを食べる習慣がある人は、歯周病がかかっている可能性を考慮しましょう。
間食の後は歯を磨くのが難しいケースが多く、糖分がそのまま歯周病菌の活動減となってしまうことが多いのです。

 

また、スナック菓子のように細かく砕けるタイプのお菓子も要注意です。
こういったお菓子は歯と歯の間や歯と歯茎の境目に溜まりやすく、歯磨きなどでも取り除きにくいといえます。
その結果、歯周病菌の成長を止めることが出来ずに、歯周病が進展してしまうことがあるのです。

 

さとり歯科医院http://satori-dental.com/

関連ページ

歯周病を予防する歯磨き
歯周病を予防する歯磨き
洗浄液で歯周病予防
洗浄液で歯周病予防
歯周病に負けない身体作り
歯周病に負けない身体作り
様々な予防法を組み合わせて
様々な予防法を組み合わせて