MENU

歯周病の予防記事一覧

皆さんは歯磨きのやり方に対して自分なりの方法を見つけていますか?歯や口の形は人それぞれ異なりますから、自然と磨きやすい方法で磨いていることがあります。しかし、それが必ずしもお口の健康につながっているとは限りません。注意深く奥までブラシを入れずに、なんとなく磨きやすいという理由だけでブラシを当てていては歯周病を予防することは難しいのです。今回は、歯周病を予防するためのブラッシングについて詳しく見てい...

歯周病の予防には歯科医院での予防歯科受診やホワイトニングによる清潔な歯の維持など、専門家の手を借りるといったものがあります。しかし、どれだけ専門家が力を尽くしたとしても、私たち自身がデンタルケアを怠っては意味がありません。今回は、歯周病予防にご利用いただきたい洗浄液についてご紹介します。洗浄液とはお口の中に含んで軽くゆすぐことで、お口の中の健康を維持するためのアイテムです。あくまで予防を目的として...

歯周病は歯や歯茎が蝕まれることで起きる歯科疾患です。お口は身体の一部であり、歯周病もお口だけでなく全身の問題としてとらえることが重要です。歯周病による症状の中には歯茎の腫れや膿の蓄積といったものがあります。ここからさらに発展すると、歯が抜け落ちてしまうほどの歯茎の衰えに繋がるのです。私たちの身体にある免疫機能が働けば、化膿や歯茎の腫れといった事態には対処可能といえます。そもそも、歯周病は細菌が引き...

歯周病という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどのような病気なのかまではご存知ないという方も多いと思います。今回は、歯周病のメカニズムやその原因となる食習慣について詳しく見ていきましょう。私たちの口内には無数の細菌が存在し、お口の中の衛生環境を司っています。歯周病を引き起こすのはそうした細菌の一種である歯周病菌です。歯周病菌が群れを成したものがいわゆるプラークで、これが歯と歯茎を蝕んでいくのです...

歯周病という言葉から、歯周病はお口だけで完結する病気と思われがちです。しかし実際は、歯周病の重篤者は様々な病気を併発しており、お口の健康が阻害されることで全身に悪影響を及ぼしている可能性が指摘されています。こうした危険性を持つと考えられる歯周病を予防するには、お口のケアだけでなく様々な予防法を組み合わせていきましょう。最も大切なことは、歯周病菌が活動しやすい口腔環境を作らないことです。歯周病菌は乾...

加齢に伴い歯周病のリスクは高くなります。そのため予防歯科として、定期的に歯科医院に通い歯のクリーニングを行う事も重要です。しかしながら、それよりも重要な事は、日常生活の中で、しっかりと歯周病の予防ケアを行う事です。では自分で出来る歯周病の予防ケアについて紹介していきます。まず基本は、正しいブラッシングを身に着ける事です。食後に歯をブラッシングし、口内の汚れをキレイに取り除いて下さい。ブラッシングの...

虫歯は子供もなりますが、歯周病は大人がなるというイメージが強いですよね。実際に、歯周病が発症する年齢は20代からと言われています。20代でも個人差があり、喫煙者、糖尿病患者、歯磨きをしっかりしていない人、間食が多い人。歯並びが悪い人、定期的に歯科検診を受けていない人が、歯周病になりやすい人とされています。ただ若いうちは、免疫力も高く、歯周病でも軽度な症状なので、歯周病だと自覚症状がある人は少ないで...

歯周病とは、口腔内で歯周病菌が増殖する事により、生じる病気です。加齢に伴い、歯周病を発症する人の割合は大きくなります。歯周病になる事で、歯を失う事になり、歯を失う事で、健康が損なわれる事は一般的に知られています。しかしながら歯周病菌が口腔内以外の場所に入り込み、別の病気を誘発するリスクがある事を知っていますか?例えば歯周病菌が呼吸器に入り込む事で、誤嚥性肺炎になるリスクがあります。肺炎とは、若い世...

歯周病というと大人の病気というイメージが強いですよね。実際に患者の大半は大人です。しかしながら、決して子供はかからない病気という訳ではありません。しかも近年歯周病を発病する子供が増えてきています。まず子供の場合も歯周病になる原因は、大人と違いはありません。歯磨きで磨き残しが生じてしまい、歯垢が溜まり、口腔内で細菌が増殖します。細菌の中には、虫歯菌だけでなく、歯周病菌も含まれているので、子供が歯周病...

歯周病の予防策は色々ありますが、実は手軽に出来る方法としてマスクを着用する方法があります。マスクを着用するだけで、本当に歯周病の予防が出来るの?そんなふうに疑問を持つ人もいるでしょう。しかし2つの理由により、マスクを着用する事で、歯周病を予防する事が出来ます。まず1つ目の理由は、マスクをする事で、口呼吸を改善する事が出来ます。私達は呼吸をする時に、口呼吸と鼻呼吸をしています。この時、口呼吸が中心だ...