MENU

歯周病に負けない身体作り

歯周病は歯や歯茎が蝕まれることで起きる歯科疾患です。
お口は身体の一部であり、歯周病もお口だけでなく全身の問題としてとらえることが重要です。
歯周病による症状の中には歯茎の腫れや膿の蓄積といったものがあります。
ここからさらに発展すると、歯が抜け落ちてしまうほどの歯茎の衰えに繋がるのです。
私たちの身体にある免疫機能が働けば、化膿や歯茎の腫れといった事態には対処可能といえます。

 

そもそも、歯周病は細菌が引き起こす病気であり、免疫による自己治癒がある程度期待出来るのです。
今回は、歯周病に対抗するために知っておきたい、免疫力を高める方法について詳しく見ていきましょう。
身体の調子を整える際には、食事の改善が近道といえます。
免疫力の向上を狙うのであれば、乳酸菌を多く含む食品を摂取しましょう。
腸内環境は免疫に大きく関わっており、町内の乳酸菌を増やしてあげることは免疫力の向上に繋がります。
美容や免疫工場に効果のあるビタミンといえばビタミンCです。
歯周病への対策として嬉しいのは、ビタミンCには細胞の再生を促す力があるという点です。
酸味の強い果物や緑黄色野菜を毎日の生活に取り入れて、健康なお口を取り戻しましょう。

 

歯周病を予防する方法について詳細はここ

 

お口の健康と咀嚼は切っても切り離せない関係にあります。
虫歯や歯周病を引き起こす細菌は、乾燥した環境を好む傾向を持っていますが、唾液はお口の中を湿らせることで細菌の働きを阻害してくれるのです。
咀嚼によって口を動かすことは、唾液の分泌を促進することになりますから、毎日の食事でなるべく噛む回数を増やしていきましょう。

関連ページ

歯周病を予防する歯磨き
歯周病を予防する歯磨き
洗浄液で歯周病予防
洗浄液で歯周病予防
歯周病を招く食習慣
歯周病を招く食習慣
様々な予防法を組み合わせて
様々な予防法を組み合わせて