MENU

子供も歯周病になるの?

歯周病というと大人の病気というイメージが強いですよね。
実際に患者の大半は大人です。

 

しかしながら、決して子供はかからない病気という訳ではありません。
しかも近年歯周病を発病する子供が増えてきています。

 

まず子供の場合も歯周病になる原因は、大人と違いはありません。
歯磨きで磨き残しが生じてしまい、歯垢が溜まり、口腔内で細菌が増殖します。
細菌の中には、虫歯菌だけでなく、歯周病菌も含まれているので、子供が歯周病になる可能性はゼロではありません。

 

ですが子供は免疫力が高く、歯の骨密度も高いため、従来の歯周病は子供がかかる病気ではありませんでした。
ですが食生活の変化により、粘着性が高く柔らかい食べ物が増えています。

 

そのためしっかり噛まずに食べる子供が増えて、唾液の分泌量が減少してしまっています。
加えて間食や炭酸飲料の取り過ぎにより、雑菌が増えやすい腔内環境も大きく影響しています。

 

特に生まれつき免疫力が弱い子供や、歯磨きで磨き残しが多い子供は歯周病になりやすいので注意が必要です。

 

そもそも歯周病は大人がなるというイメージ自体が間違っています。
なぜかというと、歯周病の発病の時期は、子供の頃というケースも珍しくないためです。

 

歯周病の初期の状態は、サイレントディジーズと呼ばれ、痛みや自覚症状がありません。
なので、子供のうちは歯周病でも初期症状で、大人になって進行状態が進み、歯周病だと自覚をするという訳です。

 

ただし、子供の中には病気の進行のスピードが速く、子供で自覚症状が出てしまうケースもあります。

 

 

関連ページ

歯周病を予防する歯磨き
歯周病を予防する歯磨き
洗浄液で歯周病予防
洗浄液で歯周病予防
歯周病に負けない身体作り
歯周病に負けない身体作り
歯周病を招く食習慣
歯周病を招く食習慣
様々な予防法を組み合わせて
様々な予防法を組み合わせて
歯周病の予防ケア
歯周病の予防ケア
歯周病と年齢の関係性
歯周病と年齢の関係性
歯周病だと肺炎になるリスクが高まる
歯周病だと肺炎になるリスクが高まる