MENU

本当は怖い歯周病のこと!

昨今、仕事やプライベートの時間が忙しくてなかなか歯医者さんにいけない、なんて方が案外多いようです。
ある夜中に、急激に歯が痛み出したことをきっかけに、そのまま歯医者にかけこむだけましかもしれません。

 

むしろ、恐ろしいのは気付かずにそのまま何年も放置をし続けてしまう、こちらの方にあるのです。
ここでは、そんな歯医者に通わず、ご自分の歯を放置してしまった方に多い歯周病についてを見ていきましょう。

 

●歯周病とは?
よく、歯医者さんなどで聞かれることが多い歯周病。
そもそも、これは一体なんなのでしょうか。
まず、簡単にまとめると口の中に侵入した歯周病菌が繁殖していき、
歯茎が腫れていってしまう症状を指しています。

 

そして、それを放置していき悪化を辿ると歯を支える骨が溶けることになります。
歯医者さんでも仕切りに歯周病の予防を進めていますが、
やはり一番早く解決するためには歯医者に行くことをおすすめしますね。

 

●本当は怖い歯周病のこと
歯が無くなってしまう、という恐ろしいことがある歯周病なのですが、
別に歯が無くなるだけなら、それはそれで構わない、という方もいるようです。

 

しかしながら、この歯周病は心臓病とも関連があるので厄介です。
糖尿病や肺炎などにも関係していることが、昨今の研究で証明されています。
注意しなければならないのが、歯周病の方の方が心臓発作を起こしやすいことです。

 

歯医者に行くことを面倒がっていると、後々本当に大変な事故に繋がります。
ぜひ、歯周病のケアは歯医者に相談してみてください。
 

歯周病のセルフチェックを怠らないこと!

歯医者に通っている方であれば心配は要らないと思いますが、
なかなか通うことができない、という方は本当に多いと思います。

 

やっと空いた自由時間を痛くて怖い歯医者に使うなんて、まっぴらゴメン…
という、そういった気持ちも分かります。
しかしながら、歯医者にいかなくて虫歯になるだけならともかく、
歯周病は心臓発作など全身疾患を誘因するとされています。

 

面倒がっていたら、後々大変なことになるかもしれません。
ここでは、歯医者に行く前にしたいセルフチェック方法をチェックしましょう。

 

●歯周病セルフチェック@
まず、自らが歯周病なのか分からないことには、なかなか歯医者に行くキッカケが生まれません。
そのため、一度セルフチェックで自らの歯の状態を確認しましょう。
できることであれば、一週間に一度は行って欲しいところです。

 

まず、初期状態としては、朝起きると口の中がネバネバしている方。
そして、口臭が強くきつくなっている方も注意をしてください。
さらに、歯茎の腫れが出てきているなら、歯医者でチェックを行ってください。

 

●歯周病セルフチェックA
では、ここまで来たら歯周病の疑い大、というレベルのセルフチェック項目を紹介します。
まず、歯磨きをすると必ず出血がある。
こちらは、経験のある方もいるでしょう。さらに、近頃歯が伸びてきてしまったという人も要注意。

 

ここまでくると、もう歯周病の恐れがあります。
そして、その状態でかつ歯がぐらついている、
こういった方は今直ぐに歯医者に向かいましょう。
一事が万事、ぜひ、自分の歯を大切にしてください。
にいむら歯科の詳細情報はこちらです。http://www.niimura.or.jp/

更新履歴